講師紹介 - Instructor

主宰 東麻美子

井形久仁子バレエ研究所にてバレエを始める。
1970年、江川明バレエスクールへ上京。江川明、水野貴永子に師事。
井形バレエ研究所にて助教を経て、後任として意志を受け継ぎ、1992年築町にバレエスタジオを開設。現在に至る。
明光学園にてバレエ講師として四年間在籍し、学校教育につとめる。
現代舞踊協会会員
日本バレエ協会会員

東奈々子

井形久仁子バレエ研究所にてバレエを始め、その後東麻美子に師事。昭和音楽芸術学院バレエ専科修了。
川口ゆり子バレエスクールに入学と同時にバレエシャンブルウエストに入団し、今村博明、川口ゆり子に師事する。
多数のバレエ公演や清里フィールドバレエ公演に参加する。
2003年より、東麻美子バレエスタジオの教師をつとめる。
10周年記念発表会「くるみ割り人形」でクララを演じる他、近年の発表会では「シンデレラ」の主役を演じ好評を博す。
2010年、(社)現代舞踊協会九州支部合同公演にて「不知火」の主役を踊る。同年より、明光学園中学校、高等学校にてダンス授業の講師をつとめ、学生の教育にも力を入れている。
日本バレエ協会会員

吉本真奈美

東麻美子に師事。2004年、昭和音楽芸術学院卒業。バレエ専門士の過程を修了。同年、生涯学習バレエコース進学。その後、東京神奈川のバレエスタジオやフィットネスクラブにて講師を経験する。
バレエとの関わりの中で、ダンサーの心理ケアと早期ボディケアの重要性を感じ、アロマテラピー(芳香療法)によるボディ・トリートメントを学ぶ。アロマテラピー資格取得。クラシックバレエの他コンテンポラリーや舞踏の世界に関心が強く、平成27年度公共ホール現代ダンス活性化事業 大駱駝艦 田村一行 舞踏公演「赤色の花嫁」に出演。2016年より東麻美子バレエスタジオにて教師をつとめる。

特別講師

特別講師 今村博明

井形久仁子バレエ研究所にてバレエを始める。1969年江川明に師事。
74年バレエ協会公演「コッペリア」で主役デビュー。
76年より2年間、文化庁派遣芸術家在外研究員としてロイヤルバレエスクール留学。帰国後、牧阿佐美バレエ団入団、以来同バレエ団の男性第一舞踊手として内外で活躍する。数々の作品に主演し、日本を代表するプリンシパルダンサーとしての地位を築いた。
89年バレエシャンブルウエストを設立。古典バレエの復活上演、新作バレエの制作と意欲的な公演活動をしている。
橘秋子優秀賞、橘秋子特別賞など多数受賞。

ページの先頭へ戻る↑